ホストファミリー紹介

子どもたちと遊びながら英会話を伸ばせるロサンゼルスホームステイ【取材】

更新日:

小さな子どものいる家庭でのホームステイはメリットがいっぱい?!

ホームステイにしたものの、あまり英会話が上達していないと感じていませんか?それって、どんどん会話をしていかなければやっぱり上達しないのです。サムさん宅は子どもたちといっぱい喋る機会があるので上達が早くなるでしょう。

特に長女のエスターEsterちゃんがとってもお喋りで、恥ずかしがり屋な学生さんにもところかまわず話しかけてくれたり、わからなそうならこれは〇〇で、と教えてくれたりします。

子どもたちとコミュニケーションをとることで、子どもたちが実際に日常会話で使っている英語を勉強できます。子どもたちはあまり難しい言葉を使わないので、英語初心者にはぴったりのホームステイだと思います。

実はロサンゼルスのホームステイで、小学生の子どもが家庭にいるのは全体の10%くらいしかいないのです。多くは子どもたちがすでに大きくなって巣立っていった場合です。子どもがいる家庭は、自分たちの子どもの子育てが忙しいのであまり受け入れをしないのです。ですので、小学生が3人もいるホームステイはとても珍しいです。

ホームステイ情報

ホスト名:サミュエル・バーク
家族構成:ホストファザー、息子1人、娘2人
職業:ホストファザーは高校の数学の先生で海軍所属。子どもたちは小学生
家について:一軒家、10LDK
場所:ロサンゼルス、コリアタウン付近
学校までの距離:コロンビア・ウエスト・カレッジCWC(25分)、エルエーエスシーLASC(25分)、エルエスアイLSI(30分)
ここがオススメ:子どもたちとたくさん遊べる
こんな人は行かないで:多くの留学生と共同生活がしたくない方

子どもに異文化体験をさせたかった

サムさんは家庭の環境上、火曜日と木曜日には子どもはいませんが毎週末子どもたちと一緒に過ごします。長女のエスターEsterがとってもお喋りで人懐こく、英語を教えてくれます。ものすごく可愛く教えてくれる姿を動画に撮ってみました。

サムさんは韓国生まれで16歳の時に、両親の仕事の関係でロサンゼルスに移り住むことになりました。現在はサンタモニカにある高校で数学の教師をやっていますが、同時に海軍にも所属しています。

留学生を受け入れるようになったきっかけは、子どもに違った文化や言語に触れて欲しかったからとのことです。実は私もボランティアで日本人の若い学生を受け入れているのですが、サムさんと全く同じ気持で受け入れています。

子どもは8歳の男の子サム・ジュニアSam Jr.(お父さんと同じ名前)、7歳の女の子エスターEster、6歳の女の子ロイスRoyceと年子です。子どもたちがいるので毎回午後6時には夕食を食べます。それまでに戻ってこれれば、動画のように子どもたちといっぱい喋る機会があります。

すでにホームステイを始めて5年以上になるので子どもたちは留学生がいることにとても慣れていて、サム・ジュニアは英語が通じていないようだと、紙に書いて伝えてくれたりします。サム・ジュニアは本を読むことが好きで、留学生と一緒に読んだりします。

小学生の本だと思っても、侮れません。語学学校のクラスが7段階あると、多くの日本人は2か3に入るのですが、そのくらいの英語力だと読むのに丸一日かかるんじゃないかというような本をサム・ジュニアは読んでいるのです。語学学校の宿題より大変かもしれませんね(笑)

また、絵も得意でいろいろな絵を書いては「日本語でなんていうの?」と聞いてきたりします。これも英語から日本語に訳すといういい勉強になります。

長女のエスターはとってもお喋りです。留学生が恥ずかしがり屋であろうがお構いなしに話しかけてきます。そして、動画でわかるようにいろいろなものを教えてくれます。とにかく元気でお喋りなので、ずーっと一緒にいても飽きません。ダンスやおままごとが好きで、ダンスショーを見せてくれたりもします。

エスターちゃんがいれば、どんなに内気で人に話しかけられない、という学生さんでもすぐに仲良くなってしまうことでしょう。今まで滞在した、ほとんど英語が話せない何人もの学生さんが全員口をそろえてエスターちゃんと仲良くなったと言っていました。

次女のロイスちゃんは3人の中では一番恥ずかしがり屋です。でも、一度仲良くなると一番ひっついてきます(笑)庭になっている桃を採ったり、庭で遊ぶことが好きで、おっとりした優しい性格です。

週末は第3土曜日以外はだいたいどこかに行くことが多いです。先週は学生さんと一緒に近くの公園に散歩に行ったり、その後ホーム・デポHome depotというホームセンターでやっている物づくりの教室に一緒に行きました。

スーパーで買物をしたり、キャンプに行ったりと、学生さんさえよければ家族と一緒に過ごすことが多いです。子どもたちは週末の朝はリビングで遊んでいる事が多いので、その時を狙っていけばいやというほど英語をしゃべることになるでしょう。

サムさんのお宅紹介

サムさんのお宅はコリアタウン近くで、周りの家は築100年以上と歴史のある家が多いです。

外観。大きいですよね。

10部屋あるうちの1つです。現在は長期で5人の韓国人と2人のオランダ人留学生が住んでいます。

もう1つの学生部屋です。

キッチン。サムさんは韓国料理をよく作られるそうです。

7つあるトイレのうちの1つです。

子どもが大好き、もしくは恥ずかしがり屋であまり人に話しかけられないけど、英会話を伸ばしたいという学生さんにはエスターちゃんとその兄弟がいるサムさんのお宅がおすすめです。

週末にいろいろなところに子どもたちと出かけられるというのも、他のホームステイではなかなか味わえない醍醐味です。

【2019年5月14日更新】https://residenceinusa.com/contact_us.html

-ホストファミリー紹介

Copyright© Education Bridge , 2020 All Rights Reserved