ゲスト体験談

【ロサンゼルス留学ホームステイ体験談】休学したからこそ得ることができた経験

更新日:

自己紹介

こんにちは、Soyaです。私は日本でIT系の専門学校に通っていて、1年生から2年生に上がるタイミングで半年間休学してロサンゼルスに留学に来ました。

周りが就職活動の準備をする中、自分だけ遅れてしまわないかという不安もありましたが、英語を使って様々な国の人と会話ができるようになりたいという思いから留学することを決意しました。

実際ロサンゼルスに来てからは、語学の勉強だけでなくアメリカの文化を身をもって体験することができており、とても充実した日々を過ごしています。

 

ホームステイでの生活、一言でいうと?

とても学びの多い毎日でした。ロサンゼルスでのホームステイは実は2軒目で、子供のいるホームステイは初めてでした。前回のホームステイ先は大人だけのお家だったので最初は話しかけるのに苦労しましたが、今回は子供たちから興味を持って話しかけてくれたので、スピーキングがあまり得意でない私でも簡単な英語を使って話すことができました。前回以上にホストファミリーとたくさん会話でき、大変勉強になりました。

前回のホームステイも体験談もご覧ください。初めてでも安心なDaveさん宅のホームステイ体験談はこちら!

【ロサンゼルス留学ホームステイ体験談】ファミリーの顔を見ると安心できた

 

ホストファミリーの家族構成

私がお世話になった時は、ホストファーザー、マザー、息子さんが二人、娘さんが2人の6人家族と、日本人留学生1人と一緒に生活をしていました。

ホストファーザーは建築系の仕事をしていて平日仕事に行っていて、マザーは医療系の仕事をしていて週に数回夜遅くまで仕事をしていました。

両親の帰りが遅い場合は近所の高校生かホストのおばあちゃんが子供の世話をしに来ていたので、その人たちにも話しかけて英語を話す機会を増やしました。

 

ホームステイ先の様子

家全体は、テレビや映画で見て想像していた通りの典型的なアメリカのお家といった雰囲気でした。一階建てで玄関前とベランダには大きな庭があり広々としていました。

自分の部屋

私の部屋はこじんまりとした比較的小さな部屋でしたが、完全にプライベートな部屋で集中して勉強することができました。ベッドや机、収納など生活に必要なものも揃っており、快適に過ごすことができました。ルームシェアをしている学校の友達からは、1人で集中できる環境があることをとても羨ましがられました。

キッチン・ダイニングルーム

夕飯の時間にはみんなで集まって食事をしました。ご飯はハンバーガー、スパゲッティやステーキなどのアメリカンな食事が多かったです。

朝ごはんはベーグルを自分で焼き、コーヒーも自由に飲むことができました。アメリカでは水道水を飲めないので水を買う必要がありますが、今回のお家は浄水器付き冷蔵庫があったので、飲料水と氷を自由に飲むことができ、重い水を買わずに済んでとても助かりました。

またキッチンも好きに使えたので自分でお昼ご飯を作ることができ、学生にはとてもありがたかったです。

リビングルーム

食事の後はみんなでアニメや映画を見たりボードゲームをしたりもしました。最初はゲームのルールがわからなくなかなか輪に入りづらかったですが、一緒にやってみたいと言うと歓迎してくれて一緒に楽しくゲームをすることができました。

また、ホストファミリーはリビングで過ごすことが多かったので、私も一緒にリビングルームにいることが多かったです。個人的に、このお家のソファがとてもフカフカでお気に入りだったので、よく子供たちと一緒にテレビを見てリラックスしていました。笑

 

ホームステイ前に感じていた不安

小さい子供がいることは事前に聞いていたので仲良くなれるのか不安に感じていましたが、ホストファミリーは留学生にとても理解を持ってくれていて、みんなとてもフレンドリーで優しく接してくれました。

留学生に子供の面倒を任せて家族はほとんど外出してしまう家族もいるというような記事を見たこともあったのでその点も少し心配していましたが、ホストファミリーは全くそのようなことはなく家族全員で一緒に過ごす時間を大切にされていたので、安心して生活することができました。

 

実際にホームステイしてみてどうだったか

子供が小さかったので、喫煙や夜の騒音などに関してはルールが厳しかったですが、それ以外は特に厳しいルールもなくとても過ごしやすかったです。

また子供たちはポケモンや日本のアニメが好きで日本にとても興味を持ってくれていたので、それらの話をすることで文化の交流ができました。小さい子供と話すのは英語の勉強にもなり、学校で習った新しい単語を意識して使ってみるようにしました。

ちなみに、お土産にポケモンのタオルをあげたところ、飛び跳ねて喜んでくれました。

 

ホストファミリーとの思い出

リビングでホストファミリーと一緒に映画「グリンチ」や「ホームアローン」などを一緒に見たことが一番の思い出です。

日本では、洋画を見る時は常に日本語吹き替え版で見ていましたが、ホストファミリーの家では英語音声と英語字幕で映画を見ました。私にとって映画の英語を聞き取ることはとてもハードルが高く、恐らく終始眉間に皺を寄せて見ていたと思います(笑)。

しかし、映画中に聞き取れなかった単語やフレーズを私が質問すると、ホストファミリーは映画を一旦止めて簡単にわかりやすく説明してくれました。私が理解するまで丁寧に教えてくれたのでちゃんとストーリーを理解することができ、映画を見た後にはホストファミリーと一緒に映画の中の気に入ったシーンについて会話をはずませることができました。

学校帰りや週末などにこの映画鑑賞時間をもてたことは、私のリスニング力向上につながったと感じています。

私が家を出る最後の日には、家族全員が家の外まで見送りしてくれ、ホストマザーから「あなたがいなくなると寂しくなる」と言われてとても嬉しかったです。子供たちも悲しそうな顔をしながら優しくハグしてくれて泣きそうになりました。

 

これからホームステイをする方にアドバイス

今回子供がいる家庭で初めてホームステイしましたが、子供がいるのといないのとではハウスルールや生活リズムが全然違うということを知りました。私自身は子供がいるほうがより英語の勉強になったと感じており、何より子供たちが本当にかわいくて、いつも家に帰ると癒されました。笑

ホームステイする前は英語力にあまり自信がありませんでしたが、上述したように子供たちと話す時に意識的に学校で習った単語を使ってみるようにしたことで、自分の英語力の上達につながったと思います。

これからホームステイする皆さんも、もし子どものいる家にホームステイする機会があれば、是非積極的に声をかけて一緒にゲームをしたり自分たちの国の文化について話し合ったりしてみられるといいと思います。

英語を話す機会が増えるだけでなく、文化の交流もできてとても充実した時間になると思います!

 

-ゲスト体験談

Copyright© Education Bridge , 2020 All Rights Reserved